• 2018.3.11

3大ED治療薬の1つであるレビトラ

レビトラは優れた即効性のあるEDの治療薬です。基本的に性行為の1時間ほど前に服用します。空腹時に服用すれば20分ほどで効果が現れます。
レビトラは水かぬるま湯で服用するのが一般的ですが、アルコールで服用することもできます。
アルコールは適量であれば気分をリラックスさせる効果があります。
過度に摂取すると酩酊状態になるため性行為が困難になりますが、適量であればレビトラの効果を助けます。

レビトラには血管拡張効果があります。ペニス周辺の血管が拡張されて血流が増加し、勃起を促します。
性欲を直接的に高めるのではなく、性的刺激を受けた場合に勃起しやすくするのが特徴です。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。5mgは効果が弱いためあまり流通していません。一般的には10mgと20mgが利用されています。

レビトラが水に溶けやすく即効性のあるED治療薬です。空腹時に服用すれば20分ほどで効果を実感できます。
効果の持続時間は10mgの場合5時間ほどで、20mgだと10時間ほどです。
即効性があるのですぐに効果を実感できますが、服用者の9割以上に軽度の副作用も見られます。
レビトラの副作用には顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まりなどがあります。副作用は基本的に軽度で、数時間すれば回復します。

レビトラは副作用が軽く体への負担が少ないという特徴がありますが、グレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品を摂取すると副作用が重くなります。
フラノクマリン酸は薬物代謝酵素の働きを阻害します。そのためレビトラの体内吸収効率が高まります。
体内吸収効率が高まるとレビトラの効果も高まりますが、副作用が重くなるので注意が必要です。

レビトラの副作用は一般的に数時間で回復します。しかし症状が重い場合には医師の診断を受けます。
レビトラにはグレープフルーツのように摂取できない食品も存在しますが、基本的には食事の影響を気にせず服用できます。

レビトラは食事の影響が受け辛いのが特徴

レビトラは性行為の1時間ほど前に服用するのが一般的です。空腹状態であれば20分ほどで効果が現れます。
食事を摂った場合には、2時間ほど時間を空けます。レビトラは食事の影響を受け辛いED治療薬として知られていますが、空腹時に服用するとより効果的です。

服用前に食事を摂る場合には、脂肪分の少ないものを少量摂取します。
中華料理やファーストフードなど脂肪分が多いものを食べると、2時間経過しても胃や腸に脂肪分が残っている場合があります。
脂肪分の多い食事を摂った場合には6時間ほど空けるのが理想的です。

レビトラは標準的な成人男性の1食分の食事であれば、効果に影響がないとされています。
標準的な成人男性の1食分の食事とはエネルギー量が700kcalまでで、脂肪分の割合が30%までの食事です。
一般的な牛丼チェーン店で提供される並盛りの牛丼であれば、問題はありません。

レビトラは即効性があるだけでなく、食事の影響を受け辛いという特徴があります。
ED治療薬は血管を拡張するため全身の血圧が低下します。そのためめまいが起こることがあります。
さらに血流を促進する効果があるので頭部や消化管、鼻の粘膜などが充血し頭痛やほてり、消化不良、鼻詰まりなどが発症します。
ただしこれらの副作用は基本的に軽度なため問題はありません。

体への負担が少なく即効性があり食事の影響も受け辛いレビトラは、使いやすいため人気があります。
レビトラを入手するには病院で処方してもらう方法の他に、インターネットの個人輸入代行サイトを利用する方法が存在します。
個人輸入代行サイトを利用すればコストを抑えることができます。
初めてレビトラを服用する場合には、副作用など医師に相談するのが合理的です。

▼レビトラを扱っているオススメのクリニック
レビトラの処方と服用について | 新橋ファーストクリニック

関連記事

ページ上部へ戻る