• 2018.4.20

3大ED治療薬の1つであるシアリス

シアリスは遅効性のあるED治療薬です。即効性があるED治療薬では副作用が出やすくなります。しかしシアリスは遅効性なため、副作用が出にくいという特徴が存在します。
服用してから効果が現れるまでには、3時間ほどかかります。その後は最大で36時間ほど効果が持続します。
遅効性と持続時間の長さがシアリスの大きな特徴です。金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼まで効果が持続することから、ウィークエンドピルとも呼ばれます。

シアリスはウィークエンドピルと呼ばれるように持続時間が長いだけでなく、食事の影響を受けづらいという特徴もあります。
800kcal未満の食事であれば問題なく摂取できます。
副作用が出にくく持続時間が長いことに加えて、食事の影響を受けづらいので扱いやすいED治療薬です。

シアリスは性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用しますが、アルコールで服用することもできます。
大量にアルコールを摂取すると酩酊状態となるため、性行為自体が困難となります。しかし適量のアルコールは気分をリラックスさせるので、シアリスの効果を助けます。
EDは精神状態とも関係があるので、適量のアルコールで服用するとスムーズな性行為ができるようになります。

シアリスはペニス周辺の血管を拡張して血流を増やしEDを改善します。血管が拡張されると血圧が低下するため、副作用としてめまいが生じる場合があります。
また血流が促されて頭部や消化管、鼻の粘膜が充血すると頭痛やほてり、消化不良、鼻詰まりなどが現れる可能性も存在します。
シアリスは副作用が出にくいED治療薬です。実際に副作用が現れるのは、服用者の3割程度に留まります。

シアリスは遅効性なため副作用が現れづらく、発症した場合にも数時間すれば回復するのが通常です。
体への負担が少なく、長時間にわたってEDを改善する効果が持続します。
脳や心臓などに病気を抱えている場合には服用できない場合もありますが、基本的には安全にED治療を行なうことができます。

シアリスの効果はどれくらいまで持つ?

シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。病院では基本的に10mgと20mgを病院で処方してもらうことができますが、5mgは効果が弱いためあまり流通していません。
個人輸入を代行するインターネットの通販サイトでも20mgの錠剤を購入可能です。
価格は10mgが1錠あたり1700円ほどで、20mgは2000円ほどとされます。通販サイトでは20mが1錠あたり1600円ほどで、まとめ買いをするとさらに価格が安くなります。

効果の持続時間は10mgが20時間から24時間、20mgは30時間から36時間とされています。
シアリスは遅効性があるため、ゆっくりと効果が現れるのが特徴です。性行為の3時間前に服用すると、時間をかけて自然に勃起するようになります。
一般的には10mgと20mgの錠剤が流通していますが、量が多い場合にはピルカッターで小さく割ってから服用することも可能です。

シアリスは食事の影響を受けづらく、800kcal未満であれば問題はありません。しかし空腹状態で服用するとより効果的です。
食事を摂取した場合には、服用までに2時間ほど間隔を置きます。
また食事の量を腹6分目から7分目にして、脂肪分の多いものは避けます。ファーストフードなど脂肪分の多い食事を摂った場合には、完全に消化するまでに時間がかかります。
食後5時間から6時間ほど経過すれば、胃や腸に付着した脂肪分も消化されます。

シアリスはウィークエンドピルと呼ばれるように、持続時間が非常に長いという特徴があります。
一度服用すれば効果が長時間継続するので経済的です。また副作用が出にくく、体への負担が少ないという特徴も存在します。
シアリスは経済性と安全性に優れたED治療薬です。

関連記事

ページ上部へ戻る